読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あみのブルネイ留学日記。

初留学は東南アジアのゆるーい国。果たして生きていけるのか。暇なときに更新しまする。

バジュクロン〜ブルネイ民族衣装〜

f:id:Ayumi16:20161106230137j:image

 

このオシャレなウォールアート…どこにあるかというと

 

f:id:Ayumi16:20161106230229j:image

 

パン屋さんのイートインコーナーでした笑

抹茶つぶあんパンを食べたんだけど、めちゃおいしかった…そのあと飲んだカプチーノも美味しくて幸せだった。

 

Selamat petang! こんにちは、あみです。

再び長らくご無沙汰しておりました。サボり最長記録を更新してしまった…笑

早いもので、留学生活も残り2週間。

ちゃんと振り返るのは帰国前にまたやるので、今日はようやく!

バジュクロンのことを書こうかなと!!!

(これが書けなくて更新しなかったという言い訳)

 

バジュクロンって何ぞやという方へ。

前回の記事で、ブルネイの民族衣装、バジュクロンを作るために布を買ったと書きました。

で、買ってすぐテーラーに仕立てに行けるかと思ったら全然連れて行ってもらえず…

なんと1ヶ月生地を寝かせて(寝かせても何も起きない)ようやくこの前作りに行けました笑

まあ正直着る機会はないんだけどね、こんな機会じゃないと作らないだろうなって。

ということで、どんな風に作るのか、一部始終をご紹介していきます(=゚ω゚)ノ

 

はじめに、私が選んだ布は

f:id:Ayumi16:20161112125123j:image

この2つ。奥はレース、手前がサテン生地。

もちろん1種類の布でも作れますが、レースの布がツボ過ぎて一目惚れしてしまい、内側に重ねるための布も買うことに笑

2つで60ドル、5000円ぐらいでした。奮発。レースが高かったな…笑

 

布を買ったらテーラーに持って行きます。

f:id:Ayumi16:20161112131205j:image

出来上がったバジュクロンがたくさん並んでる〜!わくわく。

 

そして採寸!

f:id:Ayumi16:20161112130953j:image

テーラーのおばさまが測ってくれてます。

 バジュクロンってぱっと見ワンピースに見えるんだけど

実は上半身〜膝丈のトップスとスカートの2つに分かれていて、トップスの丈は膝上か膝下を選べるらしい。

私は歩きやすそうな膝上にしました。どこで着るか知らんけどね…誰かの結婚式にでも着てこうかな笑

スカートも裾やバックスタイルのデザインが選べました。よく分かんなかったからおすすめにしちゃったけど(^∇^)

 

テーラーにもよるけど、大体1週間で出来上がります。仕立て代は15〜20ドル(1500円前後)が一般的だとか。

 

そして遂に1週間後の今日、出来上がりを受け取りに行ってきました!!!

じゃーーーーーん

 f:id:Ayumi16:20161115151549j:image

袖、丈、フィット感、全てがちょうどよくて、さすがオーダーメイド。感動。

寮に戻ってから、友達とノリノリで撮影会しました笑

地元の友達に写真を送ったら、すごく喜んでくれてこっちまで嬉しくなりました。

留学生が伝統衣装着てくれるって感慨深いものがあるのかな。

 

ということで、これにてバジュクロン編終了です。

ここまでお読みいただきありがとうございました〜長かった笑

 

次回はあまり間をあけず更新できるかなと思います。

Terima kasih!