読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あみのブルネイ留学日記。

初留学は東南アジアのゆるーい国。果たして生きていけるのか。暇なときに更新しまする。

ブルネイ留学を終えて

f:id:Ayumi16:20161201160205j:image

ブルネイといえばやっぱりモスク。荘厳。

 

こんにちは、あみです。

最後のテストを終え、開放感に浸っております(^∇^)

今日で留学生活もなんと最終日!

この平和な国ともお別れです。

某友人Sちゃんにリマインドされたお陰で更新を忘れずに済みました、ありがとう笑

 

今回は、長いなあと思われない程度に、この4ヶ月間の留学生活を振り返ります。

同時にこのブログを更新するのも最後かな…

日本について1つぐらい書くかもしれないけど、ひとまず区切りということで。

今まで、日本以外の国にこんなに長く滞在したことがなかったので帰国する実感とか寂しさがまだ感じられないのですが

それは明日空港に行ってじわじわくるのかな。

 

 

留学、どうだった?ってきかれても、正直一言では答えられない。そんな感じの日々でした。

 

楽しいことや色々学べる機会もたくさんあったけど、辛くてもう帰りたいと思うときもあって、それをまるっと表す形容詞が思いつかない。

 

始めの1ヶ月は何かあるたびに日本と比べちゃって、不便さとか分からなさに不安不満ばかり言ってたなあ笑

だんだん環境に慣れて時間の使い方も分かってきて、英語を話すのにも抵抗がなくなって

自分が思ってたのと違ったり、知らなかったりすることを面白いと感じられるようになったのは留学も中盤に入ってからな気がする。

 

高校の恩師の先生に言われた「知らないことを楽しめ」っていう言葉の大切さを身をもって感じられた、そんな留学生活だったのかなと。

 

周りにブルネイを勧めるかっていうと、おすすめはしない笑 車ないとどこにもいけないし、虫多いし。笑

でも、私はブルネイに留学してよかったと心から思います。現地の友達と話すのはもちろん、水上集落やモスクに行ったり、ブルネイ式結婚式にお邪魔したり、

ここでしかできない体験をして、ここにしかない文化や考え方に触れることができたから。

 

なんで留学するのかってよくきいたりきかれたりするけど、

とりあえず行ってみて、留学が終わったときそれが意味のあるものになってればいいんじゃないかな。

まさに私はそうだったので笑

 

さて、文章ばっかりで長くなってしまった。

このへんで、私の好きな写真を載せまくって終わりにします笑

 

f:id:Ayumi16:20161201171622j:image

水辺に佇むモスク。

 

f:id:Ayumi16:20161201171703j:image

屋上から見た夕暮れ時の大学!

 

f:id:Ayumi16:20161201171726j:image

大好きなナシゴレン

 

f:id:Ayumi16:20161201171740j:image

エンパイアからの夕日。

 

ここまでお付き合い頂きありがとうございました。

次回の更新は…?(いつものフラグ)

 

それでは、

Terima kasih!